バイオ カジノ 入金 不要 ボーナス

韓国 ソウル カジノ

今回はパチスロ必勝本の若手のホープとして活躍されていた矢野キンタさんについてを調査しようと思いましたが、つい先日の 2019 4 20 日発売のパチスロ必勝本の誌面掲載を最後に引退されましたね

しかし同じパチスロ必勝本の先輩嵐さんや瓢さん、そしてあまり下からリスペクトされていないと自分で言っている梅屋シンさんからも可愛がられていたという矢野キンタさん。

彼の彼女や実家、大学などを調査。感動的な引退理由も調べてみたいと感じたのでご紹介させて頂きます!

【パチスロ番組がすべて無料で観れる!】

YouTubeでは見れないライターのいろんな姿が見れる!

➡︎31日間無料お試しはこちら

ジャンボ g1 データ

本名:矢野大樹

年齢: 1988 9 22 日( 2019 5 14 日時点で 31 歳)

出身地:宮崎県五ヶ瀬町

趣味・好きなもの:プロレス・ソフトバンクホークス・ゴルフ・ジムキャリー・ 甘いもの・バス釣り

「甘いものが大好きなので自分に甘いです」というツイッターの紹介文が矢野キンタさんらしい(笑)

バス釣りもかなり熱心に取り組んでいるようですね 。パチスロ必勝本で釣り好きと言えば梅屋シンさんが一番最初に出てきますが、梅屋さんに気に入られていたのは趣味が合うという所もあったのでしょうね 梅屋さんと釣りに行っている写真が良くツイッターにアップされています。画像を見ると結構本格的なんだな とわかりますね!

https://twitter.com/y_kinta0922?lang=ja

天井 クレーン 5 トン 未満

バイオ カジノ 入金 不要 ボーナス

矢野キンタさんは地元の九州の方に付き合っていた彼女がいた様です。しかし、上京のタイミングで別れた様です。

その後は彼女はいない と公言されていましたが必勝本のイケメンキャラ(後々おバカキャラの様な形になりますが )なのでおモテになるのは間違いないでしょう!

ただ、結婚をするから引退する!とかではない様です。一見チャラそうに見える見た目ですが、真面目なお方なので上手くやっているのでしょう

創作 お 題 スロット

大学時代にパチスロに出会ってパチスロの魅力に取りつかれたようなのですが、どこの大学だったか、卒業したか、等は不明となっております。しかし、上京した時に泊めてもらっていたところが大学時代の後輩の部屋とのことだったので、ちゃんと学校には行って卒業もしているのかもしれないですね

矢野さんのご実家は自動車整備工場を営んでいるようで、お父様はがちがちのパワー系タイプ。ケンカをきっかけに上京し、パチスロライターを目指し、 2014 年にパチスロ必勝本にてデビューします。

パチンコ 玉 重 さ

矢野キンタさんは 2019 3 31 日をもって引退。

4 20 日号のパチスロ必勝本を最後にパチスロライター活動を終了させました。

理由としては、宮崎の実家で親の営んでいる自動車整備工場で働くため。

姉がいるが長男な為工場を継ぐ と言っても良いのではないでしょうか。上京する切っ掛けとなったお父様とのケンカもあった中この決断。

お父様の体調が良くない、とか事情は分かりませんが、トップライターには劣るともパチスロライターとしてのライティング活動、メディア露出はそこまで少なくなかったのでざっくりと計算しても 500 万円は年収としてあったのではないかと思います。

それを切り捨ててでも実家に戻ると決断した矢野さんはカッコいいですよね

創作 お 題 スロット

他紙では松本バッチさん等からも支持があるパチスロ必勝本の愛されキャラ。矢野キンタさんの魅力は「明るさ」「やさしさ」に尽きると思います。決して古いライターのように目押しが上手い!とか、黒バラ軍団のように立ち回りがどうとかの印象は少ないですが、台の解説などは真面目に行えますしポイントも伝えられる。

若いし、一見チャラそうな見た目ですが人なのに礼儀正しく元気がいい。楽しく記事や動画を見れると私は感じました。あとは引き弱キャラ(笑)。

パチスロ必勝本系では梅屋シンさんが個人的には一番好きなのですが、あの梅屋さんにまるで友達の様に接しているところは、同じ必勝本の若手ライターの中にはいなかったですよね。

YouTube の動画上に「梅屋の休日」と言う梅屋さんの番組があったのですが、私もそれに行ったことがあります。その時の矢野キンタさんの対応もとても良く「どちらから来たんですか?」とあちらから話しかけられる感じで対応してくださいました。

とても好感が持てたのを覚えています。引退されてしまったのはとても惜しいですが、矢野キンタさんの今後も応援したいなと思っています

ツイッターに関しては元キンタで検索したら出てきます(笑)

ライター:蝦夷之ミライ

コメント